David Blue

今日はしんみりと。
たった40年の短い人生で、残したアルバムは3枚。夭折のシンガーソングライター、デヴィッド・ブルーさん(David Blue)。デヴィッド・ブルーというのは本名ではなく、綺麗な青い眼をしていたことからつけられたステージ・ネームです。戸籍上の名前は、スチュアート・デヴィッド・コーエン。
さまざまな事情があって、あまり幸福な幼少時代を送ることができなかった彼は、早くから生まれ故郷を離れ、行き着いた先が、ニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジ。
60年代初頭のグリニッチ・ヴィレッジといえば、フォーク・ムーヴメントが華開いていた場所。マクドゥーガル・ストリートにあった有名なフォーク・クラブ、ガスライト・カフェで職を得るが、しかし、シンガーとしてではなく皿洗い。下積みという言葉を絵に描いたような生活ぶりが思い浮かびます。
それでも、ガスライト・カフェの常連であったフィル・オクスさん(Phil Ochs)、エリック・アンダーソンさん(Eric Andersen)、さらには、ジョニ・ミッチェルさん(Joni Mitchell)、ボブ・ディランさん(Bob Dylan)等、当時すでにビッグ・ネームの仲間入りを果たしていたアーティストたちと徐々に親交を深め、ステージ・デビューのきっかけをつかむことになります。
とりわけ、ボブ・ディランさんからは強烈な影響を受け、髪型から服装、そして歌い方まで彼の姿を追いかけていたようです。くぐもったヴォーカル、無頼の徒を思わせるザラついた歌声がその事実を如実にあらわしています。
もうひとり、デヴィッド・ブルーさんに大きな影響を与えたひとりの女性がいます。ジョニ・ミッチェルさんです。彼女の最高傑作のひとつといわれているアルバム『ブルー』は、まさにグリニッチ時代の恋人、デヴィッド・ブルーさんに向けたデディケイティッド・ソングだったのです。
シンガーソングライターの魅力は、他の誰にも置き換えることのできない自分自身を歌い上げることなのだと思います。時にはそれは、赤裸々な告白になったり、デカダンスな様相を呈示してくることもあります。がしかし、それも作者自身なのです。ボブ・ディランさんとジョニ・ミッチェルさんというふたりの影を追いかけながら、ときには、その呪縛から逃れようとする相反する心の葛藤。いかにも人間くさい私小説のような世界がデヴィッド・ブルーさんの作品から聞こえてきます。
アンソニー・ハドソンさん(Anthony Hudson)によって描かれたモジリアニの絵画を思わせるジャケットのアートワーク。デヴィッド・ブルーさんは、誰にも置き換えることのできない、素晴らしい自画像を描き出したのです。
『ストーリーズ』。私にとって特別な一枚です。

Gary Marks

オランダの「良心」、Kindred Spiritsレーベル(www.kindred-spirits.nl)からのうれしいリリース。ゲーリー・マークスさん(Gary Marks)のファースト・アルバム(’74年)、『GATHERING』の再発です(ギョーカイでは大事件のリイシュー!)。
ゲーリー・マークスさんは、いまも現役のシンガー、コンポーザーで、ジャズのみならずシンガー・ソングライターからフォーク文脈でも熱狂的ファンがいるカルト的存在。
ジャジーな感覚のメロウでクールな質感は、敢えてたとえるならばティム・バックリィさん(Tim Buckley)の名盤『Happy Sad』を思わせます。あるいは、先にご紹介したケニー・ランキンさん(Kenny Rankin)を引き合いに出してもいいかもしれません。
乾いたメロウネス漂う独特のフォーキィ・サイケデリア。
漆黒の真夜中へと沈み込んでゆくような蒼く深いサウンドスケープ。
ジャズともフォークともつかぬ曖昧模糊とした微妙な輪郭。
眠れぬ夜にオススメの一枚です。

Gennoshin Yasui

ブラジル・デザインの基本は「曲線」だ。
サローネでも注目、カンパナ兄弟に訊け。
元祖デザイン都市、ブラジリアの秘密。
世界を虜にする、ハワイアナスの表情。
サンパウロの壁を彩る、双子の正体は?
「黒人のローマ」に建ち並ぶ、ケーキな家。
ボサノヴァは、傑作デザインの宝庫だ。
ニーマイヤー×天童木工=大胆な家具。
ブラジルの広告は、ジョークが満載だ。
進化する、ブック・デザインに注目!
「手法がアート」な、ブラジルの写真家。
いまブラジル映画が、グッとくる理由。
「生活」から生まれた、楽器のかたち。

この特集に限らず、ブラジルの文化は、インディオと呼ばれる先住民やヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民などが持ち込んだ様々な文化が織り成すモザイクだと評されることが多く、多彩な文化的なバックグラウンドを持つ国民を対象にした「広告表現」などでも近年では高い評価を受けていますね。

さて、不肖、私もご多分にもれず、多いにブラジル文化に傾倒しているひとりでありまして、テリー・ギリアム監督の『未来世紀ブラジル』にはじまり、偉大なるパーカッショニスト、ナナ・ヴァスコンセロスさん(Nana Vasconcelos)のつくりだす音にはおおいに触発され、建築家オスカー・ニーマイヤーさん(Oscar Niemeyer)の白いヴォリュームと自由な曲線はいつか訪れたい場所であります。

ずいぶんと前置きが長くなりました。ひとりの日本人アーティストのご紹介です。自身の「外伝」によれば、
幼少の頃、偶然FMよりエアチェック(←懐かしい響きですね・笑)したジョアン・ジルベルトさん(Joao Gilberto)とセルジオ・メンデスさん(Sergio Mendez)をテープが伸びるまで聴いてブラジル音楽の虜(とりこ)に。
その後、サンタナ(Santana)やウェザー・リポート(Weather Report)でパーカッションに目覚める。
小野リサさんの親父さんが経営する「サッシ・ペレレ」でブラジル人をつかまえて、パンデイロ(ブラジルの音楽を奏でるタンバリンのような楽器)を習得。
当時まだ高校生だった小野リサさん等と「サッシ・ペレレ」に出演(「8時だよ全員集合」にも出演経験あり)。
叩くことが止まらなくなり、ブラジルに1年留学。
ブラジル人(変態)作曲家エギベルト・ジスモンティさん(Egberto Gismonti)にどっぷりはまり、(変態)インスト評論家ともなる。
その後、幾度にわたるブラジルへの逃避行(?)を繰り返した後、満を持して初のソロアルバム『Oh! Bola!!』を発表(2007年春、このジャケットのアートワーク、秀逸です)。
『Oh! Bola!!』は、ポルトガル語から直訳すると「あっ、ボールだ!」の意味になりますが、日本語読みにすると「大ボラ」になると思えるのは、筆者の深読みか…。

というわけで、パーカッショニスト、コンポーザー、アレンジャー、エンジニア(ライヴの現場には自らの音響システムを必ず持ち込むコダワリ音楽人です)、そしてプロデューサーといった具合に、ブラジルの多面体そのものにさまざまな顔を持つ実力派ミュージシャン、GENNNOSHINさん(安井源之新)のご紹介と相成るわけであります。
カヴァー(ハービー・ハンコック!ミルトン・ナシメント!ジョン・コルトレーン!)からオリジナルまで、ブラジルの血を受け継ぎながらも、いい意味で「日本人的な」資質の確かさを確認できる好盤です。
こっそり、踊りたくなりますよ。
巷(ちまた)では、「マイクロポップ © 松井みどりさん」なる造語が徐々に浸透しつつありますが(といっても現代美術批評の領域ですが)、『Oh! Bola!!』は、「マイクロポップ」のブラジル音楽版という言い方もあながち間違ってはいないのではないかと(筆者見解)…。

マイクロポップとは:
「マイクロポップ」とは、歴史が相対化され、様々な価値のよりどころである精神的言説が権威を失っていく時代に、自らの経験のなかで拾い上げた知識の断片を組み合わせながら、新たな美意識や行動の規範をつくりだしていく、「小さな前衛」的姿勢です。
この姿勢は、人や情報や物がかつてないスピードと規模で世界中を動き、遠くの出来事が自分の生活のベーシックなところまで揺るがしかねないグローバル時代にあって、人それぞれが常に流動する状況に反応しながら自分自身の判断の基盤を作り、「生きている」という手ごたえを感じるための「小さなサバイバル」といった試みともいえるものです。

Tisziji Munoz

ソニック・ユースでも活躍するシカゴの即興ギタリスト、ジム・オルークさん(Jim O’Rourke)は、自身のアルバム『ユリイカ』(99年)のジャケットに友沢ミミヨさんを起用、くるりのプロデュースを手掛けるなど、日本のとの関わりが何かと深い方です。
特にジャズ・ミュージシャン、坂田明さんとの共演をきっかけに日本語も勉強し、現在ではメールのやりとりも半分は日本語でこなしているそうです。
その坂田さんとの共演ライヴ盤『およばれ/テトロドトキシン』収録曲のタイトル、「こんだて」「きんべん」「かばん」「こうもりがさ の しゅうぜん」は、そのメールの中で使われていた言葉とのこと。どんなメールなのか、気になりますね?
そんな親日家ぶりが高じて、とうとう日本在住を決めてしまいました(2006年夏)。本人弁によれば、「音楽活動を停止して東京へ移転、映像を勉強」ということになっておりますが、やはり音楽活動は大切なライフワークなのでしょう、「社会人」というレーベルを立ち上げ(なんとも人を食ったネーミングですね)、あいかわらず絶好調ぶりを発揮しているジム・オルークさんなのです。
スウェーデンのシンガー、スティーナ・ノルデンスタムさん(Stina Nordenstam)の熱狂的なファンとしても知られ、自らノルデンスタムさんをプロデュースしたいと何度か申し出ているようですが、ことごとく断られているようです(笑)。
一方で、手練のギタリスト、ティシージ・ムニョスさん(Tisziji Munoz)とは蜜月関係にあるようで、先の「社会人」レーベルからムニョスさんの新作がリリースされました。アルバムタイトル、『LOVE ALWAYS – SPIRIT OF THE ANCIENT MASTERS』。
このティシージ・ムニョスさんという人は、事故がもとで手首の神経を損傷したハンディキャッパーなんですね。ギタリストにとっては致命的とも思われるアクシデントです。
でも、ムニョスさんはくじけませんでした。
今では「ギターのジョン・コルトレーン(John Cortlane)」と称されるほどの独自の音世界をつくりあげ、神にもっとも近い現役ギタリストのひとりです。
1946年生まれ。御年60歳のヴェテランですが、スピリチュアルで、クリエイティブなサウンドは、リスナーのみならず、世界中のプレイヤーを魅了し続けています。
手首のハンディ。
ワンノートしか弾けないという、彼の演奏スタイルと音楽性は、日々の生活に埋没した何かをふつふつと蘇らせてくれます。

Julie London

「セクシー」という言葉をつくりだしたのは、かのマリリン・モンローさん(Marilyn Monroe)というのが定説ですが、同時代にマリリンさんとなにかと比較されたもうひとりの「セクシー」さんがいました。
女優として数々の映画に出演し、ジャズ・ヴォーカルとしても30本を超える名盤を残しました。彼女の名はジュリー・ロンドン(Julie London)。日本での知名度はいまひとつですが、当時のアメリカでは、「セクシー」さんの双璧でした。
なかでも、『Julie Is Her Name(邦題:彼女の名はジュリー)』はジュリーさんの代表作。同じタイトルでVOL.1とVOL.2がありますが、おすすめはVOL.1。一曲目の「クライ・ミー・ア・リヴァー(Cry Me a River)」がかかった瞬間、ゾクゾクッときます。
ダイアナ・クラールさん(Diana Krall)が同曲をカヴァーしたり、アーティストさんやDJさんが「夜のお供」ともいえそうなリラックス・トラックを選曲するUK / Azuliレーベルの人気コンピレーション盤『Late Night Tales』シリーズ(www.latenighttales.co.uk)にも取り上げられたりで、ここのところ再注目・要チェックのセクシー・ジュリーさんなのです。
さて、もうひとりの元祖セクシー、マリリンさん。もはや、語るまでもなく、20世紀アメリカの巨大なマス・メディアがつくりあげたセクシーな「女」の記号です。
1968年、アンディ・ウォーホルさん(Andy Warhol)は彼女の死亡のニュースが流れると即座に彼女を題材にすることを決め、有名なシルクスクリーンによる作品を次々と生み出していきました。
マリリンさんを始めとした、あまたある「記号」を題材に名作を世に問うていったアンディさん自身も、ポップ・アートという名の下に記号化されてしまったのは、なんとも皮肉なデキゴトです。
ジュリーさんも、マリリンさんも、そしてアンディさんもすでに天上の人ですが、そのイコンは世紀を超えて今も地上にある私たちに向けメッセージを送りつづけています。

KLIMA

二年前の春。エレポップユニットGinger Aleとして活躍し、Piano Magicにも参加するAngele David-Guillouさんがソロ名義、KLIMAとしてファースト・アルバムをリリースしました。
とにかく一度聴いたら耳から離れない彼女のヴェルベット・ヴォイスは素晴らしいの一言です。
彼女の歌声に合わせるかのうように作られた心地よいビート、浮遊感漂う電子音、はかないアコースティック・サウンドが絡み合ってできた世界は、この上ない美しさ!
中でもオーケストラが印象的な#9、アコースティックで聴かせる#11は特にオススメ。
彼女がつむぎ出す、はかなくも美しい魅惑の音世界に存分に酔いしれてください。
MUST LISTEN!

Millie Vernon

朝日新聞にこんなコラムが掲載されました(2007年3月7日付)。

米国の女性ジャズ歌手、ミリー・ヴァーノンのアルバム「イントロデューシング」が7日、脚本家の故・向田邦子さんの愛聴盤として、雑誌やテレビで紹介されてきたが、長く入手困難だった一枚だ。
エッセー集「眠る盃(さかずき)」に収められた一文にバーノンの名が登場する。水ようかんを食べる時のムードミュージックは何がいいかと自問し、このアルバムの3曲目「スプリング・イズ・ヒア」が一番合うように思う、と書いている。
56年の録音。向田さんが所有していたのは、74年に出た日本盤で現在、かごしま近代文学館に収蔵されている。
99年に一度CD化されたが、すぐに市場から消え、ネットオークションで高値がついていた。
「冷たいような甘いような、けだるいような、なまぬくいような」と向田さんが表現するその歌声は、クリス・コナーにも似ている。トランペットのルビー・ブラフ、ピアノのデイブ・マッケンナ、ギターのジミー・レイニーらの演奏も小気味がいい。
水ようかんに合うかどうかはともかく、ホッと一息つきたい時にはぴったりの作品だ。

私もようやくこのアルバムを手に入れました(写真)。ビリー・ホリデイを彷彿とさせるグルーミーな唄声が魅力です(しかも美人)。
向田邦子さんのフェイバリッツ「スプリング・イズ・ヒア」。不肖、私の拙訳にしたがえば、「春が来たけれど心は弾まない。恋人がいないから…」と憂鬱な雰囲気を情感たっぷりに唄っています。
地味だけれども、なぜか心に滲みる…。
さっそく、iPodに入れました(水ようかんはないけれど)。

Shihori Kanjiya

ちょっと地味な趣味ですが、私の朝の日課は、NHKさんの「連続テレビ小説」を観ることから始まります。庶民感覚がたまらなくジンとくるんですよね。
以前、数ヶ月間入院していた時期がありまして、ベッドの上での生活と重なるように、ちょうどオンエアーされていた『ちゅらさん』の状況設定とダブる部分があったりして、以来、先の「連続テレビ小説」のファンになりました。
『ちゅらさん』の出演をきっかけに、たくさんの若手俳優さんや芸人さんがその人気に火がついていったのも、みなさまもご承知のとおりですね。
国仲涼子さんをはじめ、小西真奈美さん、山田孝之さん、ゴリさん+川田広樹さん(ガレッジセール)、ベッキーさん等々、枚挙にいとまがありません。
また、平良とみさん、堺正章さん、田中好子さん、村田雄浩さん、余貴美子さん、菅野美穂さん、数え上げればきりがないほど、みなさんの見事な役者ぶりに多いに心躍らされました。脚本はもちろんのこと、新人さんからベテランさんまで、隙のないキャスティングはTVドラマのひとつのマイルストーンではないかと思います。
さて、10月1日にスタートする『ちりとてちん』のヒロインが先日発表されました。1864人の応募者から選ばれたのは、女優の貫地谷(かんじや)しほりさん。オーディションを受けたのは3度目だったとのこと。努力家さんなんですね。
将来、大物になるでしょう。きっと。
私が初めて貫地谷さんの存在を知ったのは、映画『スウィング・ガールズ』(www.swinggirls.jp)で。楽器未経験者がほとんどの女優さんたちが、撮影と並行しながら楽器をマスター・演奏していくという思い切ったキャスティング。その中で、貫地谷さんに与えられたのはトランペット。個別レッスンの先生からは「唇のかたちがトランペットに向いていない」と半ば引導を渡されたような中でやり通しました。やっぱり、努力家さんなんですね。スクリーンの中でもキャラが立ってました。

映画の公開後、こんなコメントを寄せています。
「この作品は自分にとって大きな作品です。
今までの自分の考え方を払拭したんですから。
私はこの作品で、やれば何でも出来るんだということを学びました。
どこかで、やっても報われないなら最初からやらない方がいいと思ってたんですよね。
大きな大きな勘違いでした。
トランペットなんて触った事もなければ吹いたことも全く無かったのに、あんな素敵な形で結果に残せた事が本当に嬉しいです。」

そんな貫地谷さんのモットーは「楽しく」。
努力家さんと「楽しく」の一言。
いいですね、この組み合わせ。

Edgar “Jones” Jones

90年代初頭に唯一のアルバムを残したU.K.のインディー・ロック・バンド、The Stairsに在籍し、ポール・ウェラーさん(Paul Weller)のバックバンドでベーシストも務めたEdgar Summertimeことエドガー・”ジョーンズ”・ジョーンズさん(Edgar “Jones” Jones)。
「ミック・ジャガーばりの黒いヴォーカル」と形容されるエドガーさん。リズム&ブルース、モッズ、ジャズ、ノーザン・ソウル、ガレージ・ブルース・ロック、60′sガールグループサウンド、ニューオリンズ・ファンク、などなどあらゆる要素が盛り込まれた音は、「カッコいいシチュー」のようです。
そんなエドガーさんが、2006年初頭に、突如(13年ぶりです!)リリースしたアルバムが『Soothing Music For Stray Cats』。
デビュー当時から60年代の雰囲気プンプンの作品をリリースしていたエドガーさんですが、本作でもモノラル録音にこだわり、先のジャンルを横断するサウンド・メイキングは、自らの嗜好をよりはっきりと示した仕上がりです。
冒頭を飾る#1のモダンな味わい、スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)を思わせるファンク・サウンドが踊る#5、ブルージーな#13など、どこを切っても趣(おもむき)深いテイストがたまりません。
以下、各方面からの絶賛コメントです。
「本日開店。爆裂シェフの気まぐれロック。不定休。」© 甲本ヒロトさん
「ぶっとんだぜ。俺がこれまでに聴いた中で最高の一枚!」© ノエル・ギャラガーさん
「これはびっくり。何も知らずに聴かせられれば60年代の本格派モッズ・バンドかと勘違いするかもしれません。」 © ピーター・バラカンさん

あれから四つの季節がめぐりましたが、飽くことなき、ヘヴィーローテの一枚です。

Sebastien Tellier

いわずと知れたAirの主宰するレーベル、フランスのRECORD MAKERSに所属し、ソフィア・コッポラさん監督作『ロスト・イン・トランスレーション(Lost In Translation)』のサントラへの参加で注目されたパリの奇才、セバスチャン・テリエさん(Sebastien Tellier)。
いま最も影響力のあるといわれているジャイルス・ピーターソンさん(Gilles Peterson)や最先端で活動を続けるフランソワ・Kさん(Francois K.)など大御所DJも魅了した#2「LA RITOURNELLE」は、数多くのコンピに収録され、ダンス・サイドからも高く評価されている名曲です。
ピアノとヴォーカルで聴かせるストイックかつストレートな楽曲は、独自の美意識をヒシヒシと感じさせる内省音楽といった趣き。
不意に心の隙間に入り込んでくるようなメロウネスに浸ってしまう、美しくもはかないアルバムです。オススメ。
★ ★ ★ ★ ★