Taki Koji

多木浩二さん。

その才能は、あまたある日本の日本の思想家、批評家のなかで、ずば抜けているのではないかと思います。

硬質な文体でありながらも、対象に向けた流麗な視線は他と一線を画しているのではないでしょうか。

無名・著名、新人・ヴェテランまで、多木さんに批評の対象とされれば、作家としてまさに「本望」です。

難解な言葉や、意味不明な隠喩で読者をけむに巻く現代思想のなかで、「ストレート・フォト」ならぬ首尾一貫した「ストレート・哲学」は批評という領域において、極めて異質な(本来ならば、これが本質であってほしいと思いますが…)ポジションを獲得しています。

多木さんの代表作『写真論集成』から引用します。

– –

私がマン・レイの写真に興味を抱きはじめたのは、有名なレイヨグラフやソラリゼーションからではなかった。勿論、マン・レイを理解しようとすれば、これらを除いては考えられないし、そこにマン・レイの芸術の秘密がかくれているのも事実だろう。しかしそのレイヨグラフやソラリゼーションが現在もなお魅力をもちつづけているかといえばそうではない。技法としてみればそれはもはや陳腐である。ところが、マン・レイのいわばストレートな「写真」は、現在でも素直に新鮮なものとして受け取れる。この事実は前衛の美術と写真表現の差異を物語っているようで興味深い。
(中略)
ストレートな写真のなかで、数も多く、写真家としての才能を充分に発揮しているのは友人たちのポートレイトである。かれの仲間のダダイスト、シュルレアリストたちはいうまでもないが、ピカソ、ブラック、コクトーなど、当時のパリの芸術家たちの容貌が写真に残されることになった。これらの写真は、ためらいもなく明快で、さり気なく見える。
(中略)
マン・レイのポートレイトを写真史上で評価すれば、十九世紀のナダールと並ぶものと私は考えている。もちろんナダールの方は根っからの職業写真家だった。しかし同時代の生き生きとした芸術家の肖像を残したこと、たんなるポートレイトという以上の意味に達していたことはよく似ている。そのナダールに較べると、マン・レイの方がはるかに自在であり、想像力の自由さがあり、技巧的でもある。滑稽なまでの気取屋でふざけているように思われかねないダリは、本当は知性的な人間でもあった。マン・レイはそれを見逃してはいなかった。
(以下、略)

– –

多木さんの冷徹かつあたたかい眼差しの一端を読み取っていただければ幸いです。

The Puppini Sisters

オールド・タイミーな女性ジャズコーラスに、ポップス・カヴァーもレパートリーにした三人組のアルバムをご紹介。

ロンドンから登場した話題のトリオ、プッピーニ・シスターズ(The Puppini
Sisters)の2nd『THE RISE & FALL OF RUBY WOO』。

いったい、どこまで本気で、どこからユーモアなんでしょう?!いずれにしても、見事なハーモニーと華やかなヴィジュアルに拍手です。

ダスティ・スプリングフィールドさん(Dusty Springfield)のお馴染み、M-1の「Spooky」から、ザ・バングルズ(The Bangles)の’80s NO.1ヒット、M-2の「Walk Like An Egyptian」、パ
ティ・ペイジさん(Patti page)の名曲、M-3の「Old Cape Cod」、さらにはビヨンセ(Beyonce)さんの大ヒット、M-9の「Crazy In Love」までを斬新にカヴァー。

アンドリューズ・シスターズ(The Andrews Sisters)などの女性コーラス・グループのエッセンスを次世代に伝える美女三人組です!

Birgit Lystager

デンマークの歌姫、ビアギッテ・ルゥストゥエアさん(Birgit Lystager)の不滅の名盤、『Birgit Lystager』が30余年の時を経てリイシューしましたっ!

歌手とタレント業を兼ねていたというルゥストゥエアさんのアルバムはどれもレアですが、中でも本アルバムは、ほとんどお目にかかれない激レア盤です。

北欧産ボサノヴァ、ソフトロック。
1970年に吹き込まれた奇跡の歌声です。

セルメン風のソフトロックサウンドに、デンマーク語でカヴァーされるM-2「Fool on
the hill」、M-5「Sunny」、M-7「Tristeza」など、幸福感に満ちた全12曲。

優雅なピアノ、ファンキーなエレピ、時にあらわれるゴージャズなホーン隊、リリースされて30年以上経つのに、このみずみずしさ!!

ヴォーカルものファンのマスターピース。
鮮度抜群な本作は、信じ難いほど、夢のようなミラクル盤です!!

NRK SESSIONS

今は亡き、オスロの伝説的クラブ、CLUB 7(1963 – 1985)。
ウェブスター・ルイスさん(Webster Lewis)のライヴ音源『Live in Norway』も記憶に新しいところですが、新たなる発掘音源が届きました!

『NRK SESSIONS – FROM THE CLUB 7 SCENE』。
(ちなみに、NRKとは、The Norwegian National Broadcasting Bureauのこと)

70年代初頭に、CLUB 7 に出入りしていたアーティストさんたちが残した即席ユニットでの録音がビッシリ!

中でも、ニューヨークからやってきたアール・ウィルソンさん(Earl Wilson)がリーダーとして参加し、ノルウェー・ジャズをリードしたThe Band No Nameのファンク・ナンバーはスゴすぎる。
捨て曲一切なしのソウル・アフロジャズの名コンピです。

「黒い」。
とにかく、「黒い」んです。
ジャケットのに並ぶ往年の名車とモダンな建築もナイス!

LISTEN!

LAPHROAIG

ハマってます。アイラモルト。

スコットランドにある小さな島、アイラ島で造られるウイスキー。島独特のピートや水などの影響で醸造される独特の深い味わいにやられっぱなしです。

「アートベッグ(ARDBEG)」や「ボウモア(BOWMORE)」あたりが割と入りやすい銘柄ですが、私は、あえて猛烈なスモーキーフレイバーとヨードの香りがたっぷりの「ラフロイグ(LAPHROAIG)」を愛飲しています(ほぼ毎日)。

短い夏の間にアイラ島の海辺で乾燥させ、海の香りが染み込んだピート香が絶品。
あまりに強い香り(臭い?)に挫折してしまう方も多いかと思いますが、実際に口にふくんでみると味わいそのものは意外とマイルド。
洗練された麦芽の風味が長く続きます。

ビールを飲みつつ「うまいんだなぁ、これが。」と言ったのは和久井映見さんですが、私もそれにならって、毎夜「ラフロイグ」でひとりつぶやいています。

野性味あふれる味わいですが、プリンス・オブ・ウェールズ御用達の称号を賜った名品でもあります。

これからの季節、ストレートのロックがオツ。

「ラフロイグ」、いいですよ。

After Beatles

男女混声デュエットによる、夢のアフター・ビートルズ・ララバイカヴァーアルバム『りんごの子守唄』。

プロデュースはワールド・スタンダードの鈴木惣一朗さん。

ビートルズと鈴木惣一朗さんの組み合わせというだけで背筋がゾクゾクしてしまいますが、参加アーティストもすごいことになっています。

以下、順不同、敬称略。

アン・サリー、細野晴臣、ハナレグミ、原田郁子(クラムボン)、千葉はな(羊毛とおはな)、蔡忠浩(ボノボ)、小池光子(ビューティフル・ハミングバード)、YO-KING、土岐麻子、おおはた雄一、永山マキ、湯川潮音、曽我部恵一、中納良恵(エゴ・ラッピン)、星野源(サケロック)

全13曲。なかでも、M-2の「Oh My Love」(ハナレグミ+原田郁子)、M-5の「Imagine」(YO-KING+土岐麻子)、M-9の「All Things Must Pass」(中納良恵+星野源)あたりが聴きどころでしょうか。

スリーブにつづられた「みんな おやすみ また会う日まで…」のコピーが物語るとおり、ベッドタイムソングにぴったりです。

ビートルズには、もう会えないけれど、夢の中で、ビートルズが教えてくれた( © 吉田拓郎さん)何かをもう一度届けてくれそうなやさしいアルバムです。

Garry Winogrand

「コンポラ写真」という言葉があります。
端的に言えば、日本において、1970年前後に強まった写真の一傾向といったところでしょうか。

1966年12月、アメリカのジョージ・イーストマンハウスで、「コンテンポラリー・フォトグラファーズ 社会的風景に向かって(Contemporary Photographers, Toward A Social Landscape)」という写真展が開催され、ブルース・デヴィトソンさん(bruce davidson)、リー・フリードランダーさん(lee friedlander)、ゲイリー・ウィノグランドさん(garry winogrand)、デュアン・マイケルスさん(duane michals)などが取り上げられました。

彼らの影響を受けた写真をその写真展の題名から「コンポラ写真」と呼んだと考えられています。
これらの作家さんの影響を受けて、その作風や被写体において「コンポラ写真」として日本でも流行したというわけです。(参考:Wikipedia)

さて、先の元祖コンポラ写真家の中でも、ウィノグランドさんは私のお気に入りです。
代表作である『Public Relations』は1977年にMoMA(ニューヨーク近代美術館)から初版が出たまましばらくお蔵入りになっていたのですが、2004年にめでたく再版。

それまでは、名前は知っていても見たことのない写真集でした。そんなわけで再版のニュースを聞いた時は小躍りしそうになりました。

で、実際届いてみると(?)期待が大きすぎたのでしょうか?「凄い一枚」というのが無いんですね。どちらかというと「凄い」を期待していたので、第一印象は、少しがっかりしたというのが正直な感想です。

しばらくたってから、あらためて見直してみました。「あぁ、これは深読みするための写真集なんだなぁ」ということに気が付きました。

一言で言えば関係性なんですが、この関係性といっても結構深いところまで読み込もうとすればするほどスルメのように味わえる一冊です。
繰り返し読めるということ、しかもその度ごとに多面的な見方ができる極めてすぐれた写真集であるということがやっと分かってきました。

当時(1960~70年代アメリカ)の人々の生活において、「マスメディア」との関係性なくして日常生活は成り立たないという社会の仕組み・システム。
そういう「マスメディア」と社会における人々のポジションというものをアイロニカルに、ときにユーモラスな視点で写し取ろうとしたのが、『Public Relations』とウィノグランドさんの狙いなんじゃないでしょうか、と思っています。

人間という生き物が、一点に心をうばわれているとき、思わず出てしまう本音の表情。

憎たらしい顔が一瞬ユルんだり、アホ面が俄然やる気を見せたときのスイッチの入り方とか、「人間観察」がお好きな方には、「鉄板」の一冊です。

Louis Vega

『パーカッション・マッドネス』
ニューヨリカン・ソウルで有名なNo.1プロデューサー、ルイ・ヴェガさん(Louis Vega)のプロジェクト。

エレメンツ・オブ・ライフ・バンドのパーカッショニスト、ルイシート・キンテーロさん(Luisito Quintero)をフィーチャーしたラテン・クラブ・アルバムです。

本格的なラテン曲あり、アフリカっぽいのもあり、女性ヴォーカル、アナーネさんの艶っぽくお洒落でグルーヴィーなラテンボッサ風ハウス曲あり、生演奏4つ打ちラテンジャズ・ハウスでは、後半にかけてどんどん盛り上がっていきます。

この上昇感&躍動感はたまらなくカッコイイ!

また今回の主役ルイシート・キンテーロさんの力強いパーカッションにも心をうたれました。
プロデューサー、ルイ・ヴェガさんの今作のサウンドは、巷の打ち込み混じりのお洒落ハウスでは到底かないません。
これこそ魂のこもった本当に素晴らしい音楽、躍動感!

ルイ・ヴェガさんの前作エレメンツ・オブ・ライフや、ニューヨリカン・ソウルをお持ちの方は当然のことクラブ、ダンス、Latin系に興味をお持ちの方々!

かなりのオススメ作品!

末永く愛聴盤決定です!

Rolf Kuhn

ヨーロビアン・ジャズの金字塔、ロルフ・キューンさん(Rolf Kuhn)がクラリネットでコルトレーンさん(John Coltrane)に挑んだ’64年の名盤『SOLARIUS』がついにCD化されました。

とにかくカッコイイ!

弟ヨアヒム・キューンさん(Joachim Kuhn)を従え、メンバー全員が熱くプレイする一曲一曲すべてが快演です。

松浦俊夫さん(U.F.O.)がラジオでオンエアしたM-1(Minor Impressions)をはじめ、独特の詩情をたたえたモーダル・チューンM-3(Sie gleicht whol einem Resenstock)、M-5(Lady Orsina)は必聴!

あの名著『ハードバップ&モード』にも掲載され、全国ジャズ喫茶必需品でもある一枚です。

強力PUSH!

Constantin Brancusi

今から遡ること25年。
20世紀の抽象彫刻に決定的な影響を与えたコンスタンティン・ブランクーシさん(Constantin Brancusi)の生前のアトリエ風景をまとめた写真集です。
没後25周年のアニバーサリー・イヤーである1982年にフランス・ポンピドゥーセンターから出版された書籍です。

有機的・抽象的彫刻作品を制作したブランクーシさんのアトリエ風景。
濃淡の美しいグラビア印刷で刷られた、ブランクーシさんの作品の持つ静謐(せいひつ)な雰囲気を捉えた構成が見事です。
ご本人さんのポートレートだけでなく、フェルナン・レジェさん(Fernand Leger)の姿も写っていたり、作品の制作過程が収められていたり、とても100年前の出来事とは思えないほど、精緻でダイナミックな空気がビシビシと伝わってきます。

アトリエ風景といえば、先日ご紹介したマン・レイさん(Man Ray)の写真集もなかなかですが、実は、このふたり、お互いを認め合う親友同士だったんですね。
彫刻家であるブランクーシさんが写真に熱中したり、写真家であるマン・レイさんが彫刻にのめり込んだり、異なる領域をクロスオーバーする当時のアーティストさんの相関図は非常に興味深い逸話です。

昨日ご紹介したリュシアン・エルヴェさん(Lucien Herve)もそうですが、パリのレジスタンス以降のモダニズムの現場、キュビズムから離陸し、太い輪郭線と単純なフォルム、明快な色彩から構成された作家さんの潮流にいま熱い視線を送っています。