Lucien Herve

かのル・コルビュジエさん(Le Corbusier )から「建築家の魂をもった写真家」と激賞されたリュシアン・エルヴェさん(Lucien Herve)の作品集『BUILDING IMAGES』からの一コマ。
コルビュジエさんの代表作、「ラ・トゥーレットの修道院」のワンカットです。

リュシアン・エルヴェさん。1910年ハンガリー生まれ(本名:Laszlo Elkan)。1929年にパリへ移住。
銀行員やオートクチュールのモデリストとして働いたのち、雑誌の記者兼カメラマンに。
戦前は労働組合や共産党で活発に活動し、戦時中は収容所に送られることにもなりますが、まんまと脱走に成功し、レジスタンスとしてパリへ戻り、解放の日を迎えましたのです。

このような経緯を経て、エルヴェさんの写真家としてのキャリアは戦後に始まることになります。
1949年のある日、ヴァンスのロザリオ礼拝堂の装飾をマティスさんに依頼したクチュリエ神父さんと出合い、神父さんの勧めでコルビュジエさんが建設中のマルセイユの集合住宅の工事現場を撮影することになりました。
たった1日で650カットを撮影し、その写真を見たコルビュジエさんの目にとまり、そこから二人の「蜜月」コラボレーションが始まったというわけです。

エルヴェさんの写真の特徴は、そのフレーミング。
それまでの建築写真は一般的に、「あおり」という写真の技法によってパースの歪みが補正できる大形カメラと広角レンズで出来るだけ建物の全体を捉えようとします。
一方で、エルヴェさんは、中型カメラでフットワークも軽く、建物の様々な箇所をクローズアップで部分的に抜き取る新しいスタイルを確立しました。

コルビュジエ建築の造形的な美しさを表現するだけでなく、空間全体にいきわたる「ぬくもり」までも伝えるエルヴェさん独特のフレーミングの技は必見です。

P.S.
エルヴェさんは、2007年6月26日永眠されました。『BUILDING IMAGES』を永代にわたり大切にしてゆきたいと思います。

zo’ loka?

アルゼンチン発、ヴォーカル+ピアノ+チェロの新鋭トリオ、zo’ loka?(ソー・ロカ?)。絶対に聴いたことのない斬新なアレンジによるスタンダード・カヴァー集、『yo nunca te vi』です。

ヴォーカルのビクトリア・ソタリスさん(Victoria Zotalis)の軽やかでリズミカルな歌声と、チェロのフアン・マヌエル・コスタさん(Juan Manuel Costa)の変則的で深いボトムラインに、マルセ ロ・カッツさん(Marcelo Katz)の絶妙なアレンジが絡み、アルバム全体になんとも不思議なハーモニーを生み出しています。

インディーズ・レーベルからのデビュー作にもかかわらず、アルゼンチンの「ローリングストーンズ誌」の最優秀ジャズ・アルバム、ベスト5に選ばれたというのもうなずける充実の内容です。

アルゼンチン音響派のパーカッショニスト、サンディアーゴ・バスケスさん(Santiago Vazques)も大推薦の一枚。

ヴォサノバの名曲「三月の水」も彼らの手にかかれば…。

P.S.
アルバムタイトルの『yo nunca te vi』を英訳すると、『I’ve never seen it』。これを音楽的な視点で置き換えると、『I’ve never heard it』、つまりは「聴いたこともない音楽」となるわけです。

Ella Fitzgerald

俗に、「創造性」のビリー・ホリデイさん(Billie Holiday)、「完璧」のエラ・フィッツジェラルドさん(Ella Fitzgerald)と、なにかと比較される女性ヴォーカルのふたりですが、観客を魅了するという点においては比較することそのものが無意味なほど頂点を極めたふたりであります。

amazon.co.jpで検索すると、ほとんどお目にかかれないランク外のアルバム。
ついつい影に隠れがちな存在ですが、『clap hands, here comes charlie』は、まさに一生モノと呼ぶにふさわしい、価値ある作品であると思います。

エラ・フィッツジェラルドさん絶頂期の61年録音のアルバム。

この時期は、声質、節回しが最高で、実力のあるヴォーカリストはここまですごいのかと思ってしまいます。

M-1の「チュニジアの夜」、ドビュッシーのM-3「夢」、M-4「ステラ」、M-5「ラウンド・ミッドナイト」など、すべてが、名演・名曲。

Oshen

名前も不思議な、とてもユニークなアーティスト、Oshenさんの2nd。

アーシーというかアフリカン(?)なフォーク。

でも、パリとアフリカは決して遠くない、音楽的因果関係にあります。

木管楽器も積極的に使われ、発見の多いアルバムです。

ヴァンサン・セガルさんの風変わりなチェロプレイも聴きどころ。

乾いたこころに、湿度のある韓流の世界が水を注いだように、フレンチ・フォークの涙が、エレクトロニカや音響系で乾いた音楽ファンの身に染みる、そんなアルバムです。

日本人に親しみやすい湿度のあるメロディとハーモニー。

慎ましやかなシャンソンをベースにしつつも、フォーク・カントリーやジャズ、ラテン、音響系を貪欲にオルグするフレンチ・フォークは、いま、もっとも面白いシーンかな(?)。

Roni Horn

私が作品集をコレクションしているアーティストのひとりにロニ・ホーンさん(Roni Horn)という方がいます。写真を中心に、彫刻やドローイングといったさまざまな領域を縦横無尽にかけめぐる女性作家さんです。

同じ少女の顔写真100枚で構成された『You Are the Weather』やプールの更衣室の風景を魚眼レンズで撮りためた『Her, Her, Her And Her』はオススメです。

視線がやわらかい作家さんです。淡い色の万華鏡をのぞいているような感覚といったらよいでしょうか、ホーンさんの作品集を眺めていると、ゆったりと変化する空のヴェールにつつまれたような錯覚にとらわれるのは私だけではないでしょう。

そんなホーンさんの最新作が到着しました。

『Herðubreið(ヘルズブレイズ)』。

ヘルズブレイズとは、アイスランドの山々の女王と称される標高1,682メートルの典型的な卓上山です。
すでに故人となられた同国の愛すべき画家さん、STOVALことステファン・ヨンソンさん(Stefan V. Jonsson)が生涯を通じて描いた火山、ヘルズブレイズが飾られたさまざまな部屋を収めています。

ヨンソンさんのやさしい作風と、ホーンさんのやわらかい眼差しが上手い具合にミックスされています。

軍隊の無い国、アイスランド。
ファミリーネームが無い国、アイスランド。

平和のあり方と、そこに暮らす日々の営みが絵画と写真というメディアを通じてじんわりと伝わってくる良書です。

Marisa Monte

ボサノバ以降のブラジル音楽。意外と耳にされていない方も多いのではないかと思います。かくいう私もそうでした。

MPB(Musica Popular Brasileiraの略、ブラジリアン・ポピュラー・ミュージックの意)の代表格、カエターノ・ヴェローゾさん(Caetano Veloso)やジルベルト・ジルさん(Gilberto Gil)といったところはおさえていたのですが、フィメール・ヴォーカルとなると何処から手をつけていいのやら、と考えあぐねていたところに、あらゆる方面に造詣の深い友人から救いの手が差し伸べられました。

半年ほど前に来日公演も果たしたマリーザ・モンチさん(Marisa Monte)がそのひと。件(くだん)の友人から、いくつかオススメのアルバムを紹介されたのですが、スイマセン、「ジャケ買い」してしまいました(笑)。

女性が手にしたらドン引きしてしまいそうなインパクトたっぷりのアートワーク。かなり私見がはいりますが、こういうテイスト大好きです!

肝心の中身。スタジオ・テイクが7曲、ライヴ・テイクが11曲、むちゃくちゃカッコいいです。中でも、M-11のジョージ・ハリスンさん(George Harrison)の極上カヴァー(Give Me Love)は必聴モノ。

中ジャケには収録曲のギターコード付き、そこにあいかわらずのドン引きモードのアートワークが加われば、もはや、天下とったり。

と、まぁ強力プッシュなノリで書いてきましたが、とても心地よい気分にさせてくれるアルバムです。アコースティックで、自由で、ちょっぴりスウィート・アンド・ビターなモンチさんの歌声は歓びに満ちあふれています。

ギターをボロンと弾きながら、あまくてやわらかいポルトガル語で、こっそり歌いたくなります。

Duke Pearson

このアルバム(1968年9月11日録音)、「できすぎ」です。

ジャケットのアートワークしかり、参加メンバーの構成しかり、もちろん、収録された楽曲も。

本作のリーダーは、デューク・ピアソンさん(p, Duke Pearson)。ピアソンさんのキャリアのなかでも後期の作品にあたる本アルバム『the phantom』は、個人名義のアルバムとしての金字塔であるだけでなく、ジャズ史のなかでも異彩を放っています。

ピアソンさんを指して、「ブルーノートの理性」と勝手に命名しているのですが、フルートやヴァイブ、コンガなどをフィーチャーした異色の編成にもかかわらず、奇をてらうことなく、知性と野生を両立させる腕前はさすがの一言。

なかでも、10分超の大作、タイトル曲の『the phantom』の太くて真っ黒な音にはシビれます。
中低音の効いたベースのリフを聴いていると、「気がつけば、彼岸の彼方」なんていう気分にさせられます。

計算されたいやらしさもなく、余裕しゃくしゃくで、それぞれのメンバーの情熱とエキゾチックな感性を引き出し、ほどよくブレンドさせる力量には敬服します。

ちなみに、初リリースから約35年の時を経て、再発された際のラーナーノーツのなかでも、「このアルバムは、どこを切っても、パーフェクトだ」と評されています(Scott Morrowさん)。

脳ミソがお疲れ気味の方。
『the phantom』は、ピアソンさんでしか配合できない濃度や有効成分を含んだ、効き目の高い処方剤です。

Man Ray

マン・レイさん(Man Ray)。
本名、エマニュエル・ラドニツキーさん(Emmanuel Radnizky)。

写真家としての存在があまりにも大きく、その他の活動についてはついつい影に隠れがちですが、その多才ぶりは、同時代を生きたピカソさんやコルビュジェさんにも匹敵するのではないかと思います。

画家。彫刻家。映画監督。ダダイストまたはシュルレアリスト。いわゆるファッション・フォトの生みの親。数えあげればきりがありません。

作品の膨大さに隠れ、マン・レイさんご本人の姿はなかなかお目にかかれませんが、「作家の現場」を知りたいという欲求が強いのか、とある洋古書店でとうとう運命的な出会いをしてしまいました。

晩年のマン・レイさんのアトリエで撮影された写真集(1975年出版)。

黒メガネの男性がご本人さんです。
マン・レイさんの作家性を代弁するかのような、空間の構成がたいへん興味深い内容となっています。
200ページを超える「天才の現場」。

筆者、大満足です!

Nina Simone

上映時間3時間の奇才デイヴィット・リンチさん(David Lynch)の最新作『インランド・エンパイア(INLAND EMPIRE)』は極秘で撮影がすすめられた、実に5年ぶりの作品です。
ファンとしてはずいぶんと待たされましたが、実際に映画を観た方にとって評価がわかれる、というのが正直なところ。

リンチ作品の常連、ローラ・ダーンさん(Laura Dern)さんが隣人の怪しい老女にコーヒーをすすめ、その老女が呪いをかけたかの如く悪夢世界に突入する…
現実と虚構の世界が交錯し、ダウナー系のドラッグでもやって、バッドトリップしているような感覚におそわれます。

全編を通じて、そのようなトーンなので、さすがに3時間はツライ。

でも、最後に「救い」がありました。
エンディングを飾る、10分22秒の大作、故ニーナ・シモンさん(Nina Simone)の「sinnerman」は最高にクール!

この曲がおさめられているオリジナル・アルバムが、写真の『Pastel Blues』です。
あまたあるシモン(シモーヌと読む説もあります)さんの作品の中でも、両性具有的なヴォーカルにグイグイと引き込まれるこのアルバムは、衝撃的にカッコイイです。

ヤバイ!

Feist

2007年、夏空がまだ遠い、早春の頃。
実力派、フィメール・シンガー・ソングライター、FEISTさん(フランス系カナダ人)の新作『THE REMINDER』にで会いました。

どこまでも洒脱で心地よく、やわらかくて、センス抜群のソング・ライティング。
試聴、即、買いでした。
エレクトロとフォークとヒップホップを絶妙にミックスしたサウンドは洗練の極み。

ひと夏をこえて、一時のセールスのピークも超えたかな…、

と思っていたところに、新iPodのCMソングに『THE REMINDER』のM-9、「1234」がタイアップとして流れているではありませんか!

仲良くさせていただいているCDショップのスタッフさんにお伺いしたところ、問い合わせ殺到のご様子。あわてて再入荷されたようです。

CMの波及効果のすごさをあらためて認識させられた出来事ですが(iPodというのもそれに拍車をかけています)、『THE REMINDER』に収録されたいずれの曲も、美しいメロディ・センスと、やわらかなハスキー・ヴォイスが一体となった、歌心に溢れた佳曲揃いですよ。

素人の私があれこれ書くよりも、FEISTさんの輪郭が明快に伝わるインタビュー記事を引用させていただきます。

– –

デス・フロム・アバヴ・1979、ブロークン・ソーシャル・シーン、ピーチーズ……最近、ますます脚光を浴びているカナダ・シーン。
そのシーンの中心から、美しい個性が登場した。FEISTは76年2月13日生まれの水瓶座。パンク・バンドのヴォーカルとして音楽活動をスタートさせるが、ツアー中に突然声が出なくなったことが彼女のキャリアの分岐点になった。

「喉が治るまで、ひとり静かにギターを弾いていたわ。メロディーに耳を澄ませることの始まりだった。その時に初めて自分自身で曲を書いたのよ」。

シンガー・ソングライターとしての道を見い出した彼女は、そんな時に知り合ったピーチーズと一軒家をシェアした共同生活を始める。
「701」と呼ばれたその家には、驚くことにゴンザレスやモッキーが合い鍵を使って自由に出入りしていたらしい。

「カナダは寒い土地だから、暖かくしているには、みんなで集まってジョイントを回したり、パスタを作ったり、それぞれのデモを聴いたりするのがいちばんなの(笑)」。

そして、モッキーやブロークン・ソーシャル・シーンの作品に参加するかたわら、ゴンザレスをプロデューサーに迎えて完成させたのがデビュー・アルバム『Let It Die』だ。
シンプルな要素で構成されながら、緻密でニュアンスに富んだトラック。
そこにぴったりと寄り添うFEISTの歌声は生々しくも官能的で、独特の雰囲気を持っている。

「歌うことは、本能の赴くままにスキーのスラロームをすることに似ているわ。私が信じているのは、口を開けて歌う時に何が起こるかわからないということ。その事実を受け入れたら、歌うことは陽気なものになると思う」。

– –

ソース: 『bounce』誌 265号