Luchino Visconti

ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)は私が敬愛する映画監督のひとりであるが、つい先日、植草甚一さんのエッセイを読んでいて、彼がイタリアの「貴族」であることを初めて知った。それでふと合点がいったのだけれど、そういう出自というか素地がなければ、あのような退廃の美しさは生まれなかっただろう。『家族の肖像』しかり、『ベニスに死す』しかりである。映像の中に表現される重厚なディテールは彼のように選ばれた者にしか表現しえないものなのだろう。
そんな彼にはルイジとエドゥアルドという兄弟がいるらしい。エドゥアルドは大実業家で、イタリア第二の薬品工場を経営しており、一番うえのルイジは競馬騎手として優勝カップを400個も獲得したというスポーツマンとのことである。これだけでもヨーロッパの名門貴族の生き方が垣間見えて面白い。
こういった恵まれた背景を持ちながら、最晩年まで表現者としてあり続けた彼の精神に私はいたく感銘を受ける。彼とはまったく異なる領域で活躍した音楽家の言葉がいみじくもルキノ・ヴィスコンティの生き方を代弁しているかのようなので最後に引用しておこう。
『音楽会に来る人たちのなかには、そとで食事をするのをひかえたり、ネクタイを買わないで切符を手に入れる人がいるのです。そういう聴衆を満足させるためには、テクニックだけでなく、人間的な楽しみをあたえなければなりません』。
これはジュリアード音楽院で40年もの間、ピアノを教え続けたロジナ・レービン女史の言葉である。

出典:植草甚一スクラップブック『アンクルJの雑学百科』晶文社、p104、p164

Hope Sandoval

気分が沈んでいるとき、カタルシスを求めてダウナーな音楽を聴くか、片や対照的にポップな音楽で自らを高揚させるか、人によって大きく分かれるところだろう。
私の場合、メランコリックな気分に陥ったときはほぼ前者の行動をとる。
しかしこのような行動パターンはいまの病気に端を発しているわけではない。
メランコリックな状態にあることが単純に好きなのだ。
要するに、私は自己愛人間であり、ナルシストということになる。
このような習性は厄介だけれども持って生まれた性分だからいかんともし難い。
おまけに執着心が強いときているから、周囲からしてもまったくもって疎ましい存在にちがいない。

さて、自分の性格ばかり並びたてても面白くないので、ここはひとつ最近聞いたお気に入りのアルバムをひとつ挙げておくことにしよう。
アーティスト:ホープ・サンドヴァル(Hope Sandoval & The Warm Inventions)。
アルバムタイトル:バヴァリアン・フルーツ・ブレッド(Bavarian Fruit Bread)。
この中の一曲『On the Low』が映画『sprout』のサントラに使われていたのを見つけて、このアルバムに辿り着いたという次第である。その曲のヴォーカルとメロディーからアルバム全体の構成をダウナーなものと勝手に想像していたのだけれど、その予想をはるかに上回る内容だった。
冒頭に、「ダウナーかポップか」という大雑把なくくりをしたけれど、そんな自分がちょっと恥ずかしくなった。というのも、このアルバムはダウナーであるばかりでなく、ポップの要素も多分に盛り込まれ、それがちょうどいい具合にミックスされている。
両者は同根のニ輪の花であることを見事に証明してくれた。
ゲストも多彩で、私の愛するレーベル、ルーネ・グラモフォン(rune grammofon)からアルバムをリリースしているノルウェーのトランペッター、アルヴェ・ヘンリクセン(arve henriksen)の参加をはじめ、トラッド・フォーク/音響/テクノ系前衛ジャズなどのミュージシャンが集結している。
ライナーノーツによれば、ホープ・サンドヴァルはオスロに自身のスタジオを所有しているらしい。そんなロケーションの効果もこのアルバムには表れているはずだ。
久しぶりにおいしいアルバムを手に入れた。

Peter Granser

ドイツのシュトゥットガルトを拠点に活動している写真家、ピーター・グランサーさん(Peter Granser)の写真集、『CONEY ISLAND』。

かつては、ダイアン・アーバスさん(Diane Arbus)、ウィージーさん(Weegee)、ブルース・ギルデンさん(Bruce Gilden)らも題材としたコニー・アイランド。

コニー・アイランドといえば、戦前に遊園地の王国として栄えた、いわずとしれたニューヨーカーお抱えのビーチリゾート。

ベッヒャー派印象があまりに強いのか、ドイツの写真家といえば、アンダーで硬質な作品を想像しがちですが、ピーター・グランサーさんの写真は、むしろ、アメリカのニューカラーの影響を感じる、色彩豊かで、どこか郷愁感が漂う構成となっています。

夏はこれからですが、もう夏が終わったような、ちょっとメランコリックな気分の写真。

カラリとした作風に好感が持てます。

Stephen Gill

タイトル、『Russian Women Smokers』。

かの有名なベッヒャー夫妻(Becher, Bernd and Hilla)は、給水塔、冷却塔、溶鉱炉、車庫、鉱山の発掘塔などドイツ近代産業の名残が残る、戦前の建築物を被写体にしたタイポロジーを見事に構築しましたが、イギリス・ブリストル生まれの気鋭の若手写真家、スティーブン・ギルさん(Stephen Gill)は、タバコのタイポロジーで魅せます。

セクシャルでデカダンスな重たい空気も、タバコの煙よろしく浮力をもって、ふわっと宙にただよう軽やかさに仕立て上げています。

こういうユーモアとアイロニーの中和作用を学びたいです。

ギルさん自身のウェブサイト、ユニークですよ。

www.stephengill.co.uk

Bobbi Humphrey

ロルフ・キューンさん(Rolf Kuhn)の『SOLARIUS』を聞いて以来、ジャズとクラリネットの関係って面白いかもって思いつつ、いろいろな音源を探していたところ、ジャズ・ヴォーカルとフルートの達人、ボビー・ハンフリーさん(Bobbi Humphrey)に辿り着いてしまいました。

タイトル『BLACKS and BLUES』。

ジャズ・フュージョン系でありながら、かなりファンクに傾いているノリといえばよいでしょうか。
注目すべきは、BlueNoteからリリースされている点です。

今でこそクラブに近いジャンルの音楽を扱うようになっていますが、当時としてはかなり斬新的だったんじゃないかと思います。
聞き方によっては現在で言うところの、アシッドジャズではないかと…。

M-2 ‘HARLEM RIVER DRIVE’ や M-4 ‘BLACK AND BLUES’ はネタとしてもフロアーで大人気だとか。

ハンフリーさんのフルートはとても気が利いたサウンド。

しかし、彼女のアフロ、すごいことになってますね。

そんなアフロから子供のような可愛らしいヴォーカルが繰り出されるのだから、「外見で判断するな」とはこういうことですね!

FREITAG

隔月誌『d long life design』、リサイクル・バッグの原点、FREITAG特集!

「ロングライフデザイン」を主軸に毎回ユニークな視点で編纂される同誌にFREITAGが取り上げられることは、ファンのひとりとしてとても嬉しいことです。

FREITAGの創設者、フライターグ兄弟を招き、100人のお客さまとのトークセッション。

行きたかったーっ。

Q.
フライターグ兄弟にとっての「ロングライフデザイン」とは。

A,
自分がいなくなった後の世の中においても社会に貢献し続け、長生きできるようなプロダクトデザインやデザインプロダクト。
自分の存在を超えて、時代や周囲の環境にも十分適応するデザイン、もしくはそのような配慮が行き届いて生み出されたプロダクト。

マーカス・フライターグ

A.
時代を超えて世の中に受け入れられるようなポテンシャルをデザインまたはその形作られたプロダクトの中に見いだすことのできるもの。
同時に素材だけではなく、プロダクトが生み出される背景や過程が一定基準を超えたクオリティの高いもの。

ダニエル・フライターグ

ACNE PAPER

いわゆるモード系雑誌とは縁遠い私ですが、これだけは別格です。

スウェーデン発『ACNE PAPER』。

ファッション誌を見ているというよりは、ポートレイトを眺めているような誌面構成は、好感度大です。

1997年にACNEのデザインチームが家族や友人の為に作成した100本のデニムがきっかけで、履き心地の良さ、抜群のシルエット、新しいモード感が瞬く間に口コミで広まり、今ではスウェーデンデニムの代表に。

というわけで、ACNEと聞くと、デニムブランドという印象が強い傾向がありますが、芯の通った雑誌を出してくるあたり、一企業体としての澄んだポリシーが伝わってきて、清々しい気分になります。

モノクロ写真を多用したタブロイド・サイズの『ACNE PAPER』。

まさに、トニック・アンド・クワイエットなオススメ・モード誌です。

Helmut Newton

女性の顔・身体へのフェティッシュなこだわりを貫いた独自のエロティシズム表現で知られる写真家、ヘルムート・ニュートンさん(Helmut Newton)。

豊富なインタビューと作品紹介で、写真界、モード界に大きな足跡を残したニュートンさんの素顔に迫るドキュメンタリー『HELMUT NEWTON – FRAMES FROM THE EDGE』です。

「ヴォーグ」から「ヴァニティ・フェア」といったモード誌から「プレイボーイ」のグラビアまで幅広いメディアで一世を風靡。

ニュートンさんが初めてヌードを撮影した際にモデルをつとめた女優、シャーロット・ランプリングさん(Charlotte Rampling)へのインタビューは見所です。大女優は、演技だけでなく、自ら発する言葉も雄弁であることが如実に分かる貴重な映像です。

カトリーヌ・ドヌーヴさん(Catherine Deneuve)の、スクリーンでは見せない「素」の表情に、ご本人さんもご満悦の撮影秘話もユニークな構成となっています。

ニュートンさんが、なぜイギリス嫌いなのか、なぜプールを撮影の舞台として好むのか、イマジネーション豊かな個性・創作活動の背景が明快に伝わる、ひとりの写真家のアート・ドキュメンタリーです。

R指定(かな?)。

 

The Puppini Sisters

オールド・タイミーな女性ジャズコーラスに、ポップス・カヴァーもレパートリーにした三人組のアルバムをご紹介。

ロンドンから登場した話題のトリオ、プッピーニ・シスターズ(The Puppini
Sisters)の2nd『THE RISE & FALL OF RUBY WOO』。

いったい、どこまで本気で、どこからユーモアなんでしょう?!いずれにしても、見事なハーモニーと華やかなヴィジュアルに拍手です。

ダスティ・スプリングフィールドさん(Dusty Springfield)のお馴染み、M-1の「Spooky」から、ザ・バングルズ(The Bangles)の’80s NO.1ヒット、M-2の「Walk Like An Egyptian」、パ
ティ・ペイジさん(Patti page)の名曲、M-3の「Old Cape Cod」、さらにはビヨンセ(Beyonce)さんの大ヒット、M-9の「Crazy In Love」までを斬新にカヴァー。

アンドリューズ・シスターズ(The Andrews Sisters)などの女性コーラス・グループのエッセンスを次世代に伝える美女三人組です!

Birgit Lystager

デンマークの歌姫、ビアギッテ・ルゥストゥエアさん(Birgit Lystager)の不滅の名盤、『Birgit Lystager』が30余年の時を経てリイシューしましたっ!

歌手とタレント業を兼ねていたというルゥストゥエアさんのアルバムはどれもレアですが、中でも本アルバムは、ほとんどお目にかかれない激レア盤です。

北欧産ボサノヴァ、ソフトロック。
1970年に吹き込まれた奇跡の歌声です。

セルメン風のソフトロックサウンドに、デンマーク語でカヴァーされるM-2「Fool on
the hill」、M-5「Sunny」、M-7「Tristeza」など、幸福感に満ちた全12曲。

優雅なピアノ、ファンキーなエレピ、時にあらわれるゴージャズなホーン隊、リリースされて30年以上経つのに、このみずみずしさ!!

ヴォーカルものファンのマスターピース。
鮮度抜群な本作は、信じ難いほど、夢のようなミラクル盤です!!