Pharoah Sanders

ジャズってムツカシイんですよね。何がムツカシイかっていうと、友人たちに「これ、いいよ」って気軽に薦めるジャンルではないっていうこと。「○○クンって、どんな音楽聴くの?」「やっぱりジャズかな…」「ふ〜ん」ってな感じで気まずい感じで終わってしまう女の子との寂しい会話。こっちでは「マイルスのモードっていうのはだな…」とウンチク爺が語り、あちらでは「やっぱりアンプは真空管がいいよね」みたいなオーディオ偏重派がいたり…。ジャズっていうだけで、本来の自由な音楽性を邪魔する「付属品」がまとわりついてきます。
加えて、フリージャズに代表されるグニャグニャで、「空気、読めよ」といった揶揄が飛んできそうな音源にぶちあたった日には目も当てられない、そんな光景が目に浮かびます。
あれやこれやで、内外野ともジャズをめぐる論議がかまびすしいところではありますが、そんな中でも「これ、いいよ」ってオススメできる音源をおひとつ。サックス奏者、ファラオ・サンダースさん(Pharoah Sanders)の『ラブ・イン・アス・オール(Love In Us All)』におさめられている『Love Is Everywhere』がそれ。ファラオさんは、フリージャズの旗手とあがめられている人ではありますが、この曲に限っては、ジャケットのアートワークに象徴されるように、わかりやすいつくりとなっていて、同アルバムのライナーノーツがその特長を的確に述べています(ちなみに、『Love Is Everywhere』では、ファラオさん、サックスだけでなくヴォーカルにもチャレンジしていて、その歌声から心底楽しんでいる雰囲気が伝わってきます)。

『セシル・マクビーのベース・ソロがテーマとなる短いフレーズをイントロで導き、シンプルなコード・パターンを描きながら続けて挿入されるノーマン・コナーズの細やかな手挽きのドラム・ワークやジョー・ボナーのピアノの音色が徐々に重ねられ高揚感を高めていく叙情的で美しい軌跡を描くナンバーである。プレイヤー全員が一体となってテンションを高めながら上り詰めていく様は感動的だ。溢れ出る感情を剥き出しにしたプレイヤー達が生み出す濃密なインタープレイに心奪われながら、我々リスナーは音の洪水を抜けたサンクチュアリーへと誘われる。(中略)エンディングまでの音旅行を楽しめる至福の時間だ。セシル・マクビーのベースを合図にリフレインを繰り返しながらエンディングへ、そして永遠に続く精神世界への旅立ちへと向かう。何度繰り返し聞いても目頭が熱くなる思いを抱く作品だ。』

『Love Is Everywhere』のテーマはベタですが、「愛(ラブ)」です。「愛の讃歌」といえば、亡き越路吹雪さん(古い?)を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、ファラオさんの『Love Is Everywhere』は、ジャズ版「愛の讃歌」といえるでしょう。かのジョン・レノンさんが追い求めたピースフルな「ラブ」もステキですが、ファラオさんのスピリチュアルな「ラブ」も”愛のジャーニーズ・エンド”を見事に描き出しています。

Rosas Danst Rosas

いつも気になるヨーロッパの小国・ベルギー。フルーティーながら重量感があって、モルトの持つほのかな甘みが魅力のベルギービール。王室御用達のチョコレート・GODIVA。世界中でいまもなお愛されつづけるオードリー・ヘップバーン。これこそ元祖、ブリュッセルの小便小僧。
ベルギーにまつわるお話しは枚挙にいとまがありませんが、とりわけ注目しているのが、コンテンポラリー・ダンス・カンパニー、「ローザス」。出会いは都内某所の単館系映画館で同カンパニーのドキュメンタリー・フィルム『ローザス・ダンス・ローザス(Rosas danst Rosas)』を観た時から。およそ10年ほど前にさかのぼるでしょうか。数年後にビデオ化(いまは懐かしいVHSです)されたときには即購入。あらためてDVD化された際にももちろん購入。それほどアツくなっていました。
振付師のアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルがどれほどスゴイ人なのか、監督のティエリー・ドゥ・メイがいかにすぐれた映像感覚をもった人物なのか、予習なしの真っ白な状況で観たそのフィルムは、間違いなくワタクシ的映画ランキングのベスト3に入ります(アートドキュメンタリーフィルムとしてはナンバーワンかもしれません)。
ダンサーのうごきは人間の動作の中でも極めてシンプルで日常的な要素から構成されています。横になること、立つこと、座ること、歩くこと。この4つだけです。これに女性の何気ない仕草(ダンサーは全員女性です)、髪をすく手、肩からするりと落ちるTシャツなどが加わり、音楽と共鳴しながら単純なうごきのパターンとして反復されてゆきます。でも飽きさせないんです。カメラのアングル、自然光をまとった女性のやわらかなシルエット、ダンサーの瞬間のうごき、撮影の舞台となった学校建築、ストイックな現代音楽。ダンス・パフォーマンスに対する新しいエクリチュールの誕生といってもさしつかえないでしょう。
建築の本や雑誌を眺めていると、ときどき「ゲニウス・ロキ」という言葉に出会います。意訳すれば「土地を読み解く鍵」「土地に結びついた連想性」「土地が持つ可能性」といったことになるのでしょうが、アートやデザインにもひろく「ゲニウス・ロキ」を見て取ることができると思います。「ローザス」を生み出した土壌であるベルギー、興味津々です。

FREITAG

メイド・イン・スイスのリサイクル・バッグ「FREITAG(フライターグ)」。ご多分にもれず、私も相当数の「FREITAG」を所有しています。

排気ガスにまみれたターポリンや使用済みサイクルインナーチューブ、シートベルトなどから作り上げられる個性豊かなバッグは「コレクター魂」を刺激してやみません。

90年代のクリエイティブな人たちのカルト的人気を経て、創業10年でニューヨークの近代美術館を始め、様々な方面で「FREITAG」は称賛され、いまではあらゆる世代・層からの脚光を浴びている「お墨付き」のバッグなのでありマス。

余談になりますが、「FREITAG」は、別名「インディヴィデュアル・リサイクル・フリーウェイ・バッグ」とも呼ばれ、その名が示すとおり、使用済みのトラックの幌(ほろ)をカットして作り上げる工程から生み出されるバッグは、同じ柄がふたつとない文字通り「インディヴィデュアル」なプロダクトです。

私好みの柄(デザイン)を求め、都内各所のショップを巡り歩き、それでも飽き足らず、とうとうスイス本社から取り寄せてしまいました(写真)。早かったですよ〜、オーダーしてから一週間足らずで届いてしまいました。

そんな「FREITAG」から新しいニュースが届きました。あのiPhoneのケースを発表したそうで…。今後も目が離せませんね。